/ 2月 26, 2021/ お知らせ

 春が来たのかと思うようなあたたかい日が続いたと思いきや冬の寒さが戻ってきて、えっ2月ってこんなに不安定だったっけ? と戸惑っているうちに3月になりそうです。私はすっかり寒暖差にやられてぼんやり過ごしがちでしたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年は花粉もひどいですし、例の感染症以外でもなかなかに厳しい春ですね……。

 さて、オンラインではありますが即売会参加のお知らせです。
 昨年に引き続き、「書物の変(しょもへん2)」に参加いたします。

2021年2月26日(金)17:00~28日(日)17:00 書物の変!2

 今年は金曜日の夜から日曜日の夜までの開催ということで、週末にゆっくり見ていただけるのでは。サイトがシンプルで見やすく、ずらっと並んだ書影を眺めているだけでも楽しいのですが、今回はさらにヴァーチャル会場もオープンするとのことです。タイミングが合えば私も遊びに行きたいな~と思っております。
 【痛覚】の看板は『ロータス』です。リンク先のBOOTHから『飛ぶ夢をみたことがない』『4:00』もお求めいただけます。

 お知らせついでにもうひとつ、参加させていただいている、ゆとり世代の書き手さんが中心のフェミニズムの本『呪詛 Vol.3』が発行されました!


 

売れている本を読むこと、
トレンドの議論を追うこと――
それだけがフェミニズムじゃない。
ひとりひとりの地味で地道な実生活。

 という表紙の言葉(これ、めっちゃ良いフレーズじゃないですか? 私はたいへん共感する)どおり、どの文章も日々の生活で感じる違和感や生きづらさが取り繕わない言葉で綴られていて、勇気づけられる一冊だと思います。エッセイ、都々逸、短歌、リリック、「理解のある彼くん」問題をめぐる往復書簡など、表現の形態も多彩です。私は「女の幸せ」という短いエッセイを書きました。
 現在、新宿御苑前の模索舎さんでお求めいただけるようです。今後、取り扱い書店が増えると思われますので、随時お知らせします。

 ぼやぼやしているうちに5月の文学フリマ東京は申し込みそこなったので、リアルでのイベント参加や新作の予定など活動の目処がまったくたっていないのですが……このごろは、一時期やたらと威勢のいいことばかり言っていたのは何だったのかという低空飛行で……
 そんな中でもこうしてお知らせできることがある、とちょっと背筋が伸びる思いです。どうぞよろしくお願いいたします。

LINEで送る
[`evernote` not found]

Share this Post